2022年12月はやはり寒くなる

2022年ももうすぐ終わりを迎えます。気づけば12月。もう冬になりますね。今年は比較的暖かい日も多く12月を迎えました。では、12月の天気や寒さはどうなるのか。1ヶ月予報が出ていたのでまとめてみました。

12月から寒くなる?

11月24日に、気象庁はこの先1ヶ月の予報を発表しました。どのような内容だったのでしょうか。内容を見ていきます。

気温は1週目は全国的に高くなりますが、2週目は強い寒気が南下して、北日本と西日本で低く、東日本と沖縄・奄美で平年並みか低い見込みで、12月は一気に冬の寒さになり、大雪に注意が必要とのことでした。

もう少し内容を詳しく見ていくと、

・1か月の気温は、沖縄・奄美、西日本、東日本は平年並みか高く、北日本は平年並み。
・降水量は、北日本で平年より多く、沖縄・奄美と東日本の日本海側は平年並みか多くなりそう。
・東日本の日本海側や北日本の降雪量は平年並みなのですが、12月上旬は強い寒気が南下して、北日本日本海側で「降雪量がかなり多くなる」可能性がある。そのため大雪への備えが必要。

とのことです。

気温が例年通りか少し高めとなっていても、12月です。寒いはずです。服装は注意しなきゃですね。

そろそろ本格的にアウターの準備が必要に

11月は多少寒くなったからとはいえ、厚手のアウターやダウンジャケットなどはまだ必要無かったと思いますが、12月から本格的な冬になります。今のうちに、暖かいコートを準備しておくなど、寒さへの備えを早めに行った方が良さそうですね。12月に入ると一気に冬の気圧配置になるみたいです。

冬用タイヤの装備や、暖房器具の点検なども早めの準備進めた方が良さそうです。

おすすめ防寒グッズ

寒くなる前に用意しておきたい防寒グッズをここでご紹介していこうと思います。

オフィスワークや自宅でリラックスする時にも必要な「膝掛け」です。このmofuaはその名の通り「もふもふ」とした肌触りが魅力の膝掛けです。髪の毛より細い極細繊維である、プレミアムマイクロファイバーを全面に使用しており、1本1本に空気を溜め込むため、軽くてあたたかいのが特徴なのです。

汗や湿気などの水分に反応して発熱する素材を用い、電気やガスを使わずに+2℃上昇する発熱効果を発揮すると謳っています。丸めればコンパクトに持ち運びできるので、いつでも手軽にあたたまれる防寒グッズを探している方におすすめです。

その他にも、静電気防止加工が施されているのもポイントです。自宅で洗濯できて衛生的に使えます。さまざまな使い方ができ、空気や風が冷たい冬のキャンプ・アウトドアでも重宝すると思います。

昔から使われている「湯たんぽ」の進化版です。直火であたためられるのが特徴で、お湯を入れ替える必要がなく、焚き火やガスバーナーなどで加熱できるのがポイントの商品です。電源のないキャンプやアウトドアでも役立ちます。手や足、お腹などをあたためながらリラックスタイムを過ごせます。

表面積を増やして暖房面積を広くするために、表面には波形が採用されています。また、内部に支柱を入れており、温度が下がったときでもへこみにくい設計になっています。底面はフラットで安定感があり、お湯が注ぎやすいのがメリットです。IH調理器にも対応しているので、部屋でも使えて便利です。容量2.5Lで、専用袋と予備パッキンが付属されています。シンプルながら効果的に暖を取れる防寒グッズを探している方におすすめです。

ANSOLO 充電式カイロ カイロ 電気カイロ 電子カイロ 電気あんか ハンドウォーマー モバイルバッテリー 携帯充電器 防寒グッズ 1台2役

最近持っている人も増えてきた「充電式の電子カイロ」です。最大約55℃まであたたまり、両面が発熱し、低温・中温・高温と3段階の温度調節が可能となっています。最大連続発熱時間は約8時間と、温もりが長く続きます。5200mAhのリチウム電池を搭載しており、充電用のUSBケーブルも付属されています。またモバイルバッテリーとしても使え、スマホの電池残量が減ったときに便利です。また、ポケットに入るコンパクトサイズを採用しているため、楽に持ち運べます。

耳あて部分が大きく、保温性に優れたイヤーマフです。バックアームタイプのため、ヘアスタイルを気にする必要がないのがポイントです。通勤・通学時も装着しやすく、内側と外側の両方に、ふんわりとしたシープボアフリース素材を採用しており、柔らかい肌触りが楽しめます。

アーム部分には伸縮性があり、フィット感も良し。ひねればコンパクトに折りたためるので、使用後は楽に収納できます。

先だって紹介したmofuaの「着る毛布」です。触り心地等はご紹介済みですが、自宅でのリラックスにはこれ気持ちよさそうですよね。羽織だけでなく、フードが付いているので、首元や耳もあたためることができます。自宅で丸洗いでき、清潔に使いやすいのもポイントです。

カップウォーマー マグカップ 保温コースター コーヒーカップウォーマー オフィスウォーマー、5つの温度設定を備えた電気飲料ウォーマー、ココアミルク用のコーヒーウォーマー このこいあたためますか コースター 紙 ティーウォーマー 保温プレート 酒燗器 軽量 pp

マグカップに入れた飲み物を温めるコーヒーカップウォーマーです。ガラスやステンレス鋼、セラミックなどのカップに対応しています。コンパクトサイズなのでおうちだけでなくオフィスでもお使いいただけると思います。5段階の温度調節ができ、最高温度は80℃。自動オン/オフ機能を搭載しているので、手動で電源を操作する必要がなく便利です。また、防水加工が施されており、安心して使えるのもポイントです。

これからの時期温かい飲み物を飲む機会も多く増えると思います。これさえあれば常に温かい飲み物が飲めます。

まとめ

12月は例年通りの寒さが見込まれます。この時期くらいから本格的な「冬」が始まります。迎える冬のために準備を進め、日本の四季を感じ冬を楽しみましょう。